弁護士紹介
塩川 茂
Shigeru Shiokawa
略歴
1981年3月  東京大学法学部卒業
1984年3月  司法修習終了(36期)
1984年4月  大阪地方裁判所判事補任官
          長野,神戸(姫路支部),鹿児島,大阪(高裁,在外研究),
          大津(彦根支部)の各裁判所勤務
          民事16年,家事8年,少年3年,刑事8年経験(兼務を含む)
2002年3月  大津地方家庭裁判所彦根支部長を最後に退官
2002年5月  弁護士法人芦屋西宮市民法律事務所に入所(社員)〜現在に至る
2003年4月  関西学院大学司法研究科(法科大学院)教授〜現在に至る
弁護士登録後の主な公的経歴
 神戸家庭裁判所尼崎支部調停委員
 労働局外郭団体顧問
 医療安全調査機構モデル事業評価委員
 豊中市情報公開審査会委員など
主な取扱分野
●民事事件全般
損害賠償請求事件(交通事故,学校事故,労災事故,その他の事故全般,被相続人の財産の取り戻し),各種契約上の履行請求事件,不動産関連事件(不動産売買取引関係,登記関係,不動産賃貸借契約関係,境界紛争,共有物分割等),法人内部紛争,法人内部統制(組織の見直しなど),労働事件(企業側,労働者側を問わない),医療事件(病院側)など
倒産事件はあまりやりません
●家事事件全般
離婚,子供の面会交流,子供の引渡,婚姻費用分担,養育費,財産分与,養子離縁,親子関係関連事件不存在,遺言書作成(保管,遺言執行者受任),遺産分割,遺留分減殺請求事件など
ひとこと
時間をかけて相談を受け,事件の処理についても時間をかけて協議します。弁護士に持ち込まれる問題には,必ずこころの問題が含まれているからです。裁判や紛争の解決において最も重要なことは,どのような事実が起きたのかをできる限
り正確に把握することだと考えていますので,事実の吟味は丁寧に行っています。これまでの経験から,事実を正確かつ総合的に把握し,検討して,より良い解決方法を予測し,それに向けて相手方や裁判所を説得する手法を多少考えるこ
とができるように思います。また,みなさまには,何か困ったことやわからないことが起こったときに,早い時期に弁護士に相談して,正しい知識を得たうえで行動すれば,思わぬ損失や損害を避けることができるということを是非知っていただきたい思います。
ページの先頭へジャンプ
武田 純
Jun Takeda
略歴
1991年3月  京都大学法学部卒業
1993年4月  大阪弁護士会入会
          淀屋橋総合法律事務所に入所
2003年9月  兵庫県弁護士会に登録換え 
          弁護士法人芦屋西宮市民法律事務所に入所
2010年4月  兵庫県弁護士会尼崎支部支部長(2期) 〜2012年3月 
主な公職・所属団体等
西宮簡易裁判所調停委員
西宮商工会議所相談員
全国倒産処理弁護士ネットワーク会員
租税訴訟学会会員
税金オンブズマン会員
過去の取扱事件
阪神大震災被災マンション建替事業代理人(再建計画策定。金融機関交渉により再建成功)
MMR予防接種被害損害賠償請求弁護団(大阪高裁で勝訴確定)
整理回収機構関与者責任追及弁護団(勝訴及び勝利的和解)
建設機械等製造メーカー会社更生管財人代理(更生計画認可)
リゾート施設会社更生管財人代理(更生計画認可)
ガソリンスタンド経営会社特別清算人(特別清算協定認可)
事業譲渡方式による病院再建案件代理人(私的整理による経営再建成功)
パチンコ店経営会社特別清算事件検査役(裁判所より選任)
各種税金訴訟,破産管財人処理経験 多数
主な取扱分野
●民事事件
貸金請求,借地借家,建物明渡,不動産,交通事故,損害賠償,その他
●家事事件
離婚,相続,成年後見,親子関係,男女関係のトラブルその他
●企業相談
各種契約書のチェック・作成,顧客トラブルの紛争解決,債権回収(示談交渉,訴訟,支払督促,強制執行),企業再生(会社更生,民事再生,特別清算,私的整理などを通じた事業継続),について多数取り扱って来ました。
●税金問題
法人税,所得税,消費税,相続税などをめぐる審査請求,行政訴訟に税理士と協力して取り組みます。
●マンション
管理費請求,管理規約違反に基づく差止請求など,管理組合・管理会社からの依頼を受けて取り組みます。
ひとこと
まじめな経営者の方々の悩みに真剣に耳を傾け,事業再生のための方法をともに考えたいと思います。
ページの先頭へジャンプ
津久井 進
Susumu Tsukui
略歴
1993年3月  神戸大学法学部卒業
1995年3月  司法修習終了(47期),神戸海都法律事務所に入所
1999年4月  芦屋法律事務所に入所
2002年4月  弁護士法人芦屋西宮市民法律事務所を設立(至現在)
主な公職等
[現職]
神戸家庭裁判所尼崎支部調停委員
兵庫労働局労災法務専門員
兵庫労働局労働関係紛争担当参与

[過去経歴]
兵庫県弁護士会副会長(平成18年度)
近畿弁護士会連合会理事(平成18〜20年度)
兵庫県弁護士会尼崎支部長(平成19・20年度)
兵庫県青少年愛護審議会委員(平成18〜27年)
芦屋市環境審議会委員(平成15〜28年)
芦屋市指定管理者選定委員会・副委員長(平成24年)
西宮市消費生活センター顧問(平成12〜14年)
西宮市開発事業等紛争調停委員(平成18〜28年)
尼崎市児童虐待防止連絡会議委員(平成17〜21年)
尼崎市情報公開・個人情報保護審査委員会委員(平成18〜28年)
大阪市区役所附設会館指定管理予定者選定委員会・座長(平成19年)
法務省法制審議会被災関連借地借家・建物区分所有法制部会・幹事(平成
24〜25年)

[弁護士会・現在]
日本弁護士連合会・災害復興支援委員会委員長
兵庫県弁護士会・災害復興等支援委員会委員
兵庫県弁護士会・子どもの権利委員会委員
兵庫県弁護士会・民事介入暴力・非弁取締委員会委員

[震災関係]
阪神・淡路まちづくり支援機構・事務局次長
関西学院大学災害復興制度研究所・研究員
日本災害復興学会・理事/復興支援委員長
一般社団法人 減災・復興支援機構・理事
兵庫県震災復興研究センター・共同代表
一人ひとりが大事にされる災害復興法をつくる会・共同代表

[市民活動]
公益財団法人ひょうごコミュニティ財団・理事
公益財団法人あすのば(子どもの貧困対策センター)/監事
公益社団法人チャンス・フォー・チルドレン/監事
特定非営利活動法人西宮てらこや・理事長
特定非営利活動法人まち・コミュニケーション/監事
特定非営利活動法人市民事務局かわにし/監事
特定非営利活動法人あしやNPOセンター/監事
特定非営利活動法人しみん基金・KOBE/審査委員

[社会奉仕等]
西宮ロータリークラブ
一般社団法人西宮青年会議所OB

主な著書
[単著]
Q&A被災者生活再建支援法(商事法務)
大災害と法(岩波新書)

[共著]
破産管財BASIC−チェックポイントとQ&A(民事法研究会)
災害復興とそのミッション(クリエイツかもがわ)
「災害救助法」徹底活用(クリエイツかもがわ)
大震災のなかで(岩波新書)
不動産賃貸借の課題と展望(商事法務)
3・11と憲法(日本評論社)
RON・論〜被災からの再生(関西学院大学出版社)
世界と日本の災害復興ガイド(クリエイツかもがわ)
東日本大震災復興の正義と倫理(クリエイツかもがわ)
主な取扱分野
個人の生活にかかわるあらゆる事件,中小企業に関するあらゆる案件
(※渉外事件,知的財産権に関する事件,相手方と利害関係がある事件,遠隔地の事件などは受任できません)

これまでに手掛けた主な事件
企業の民事再生事件(申立代理人,監督委員),企業・個人の破産管財事件(多数),債務処理,企業や個人に対する反社会的勢力の排除事件,商品先物取引被害事件,金融取引被害事件,離婚事件,相続事件,遺言作成,財産管理事件,事故被害弁護団事件,交通事故事件,欠陥住宅事件(建築主側,業者側),刑事事件,少年事件,犯罪被害者支援事件,顧問(私立学校,歯科医,中小企業,個人,不動産鑑定士会等)
ひとこと
弁護士は,人生に危機が訪れたときや不幸に瀕した場面で登場するようなイメージがあります。しかし,私は,人生の転機や幸せのきっかけの場面に立ち会いたいという思いで弁護士の仕事をしています。初心と市民感覚を忘れず,みなさんの思いに寄り添い,社会の発展や持続に少しでも力を尽くせれば幸いです。
 個人ブログ   http://tukui.blog55.fc2.com/
 個人ツイッター https://twitter.com/#!/tukuisusumu
ページの先頭へジャンプ
中園 江里人
Erito Nakazono
略歴
1998年3月  京都大学法学部卒業
2000年3月  司法修習終了(52期)
2000年4月  京都大学大学院法学研究科助手(2003年3月まで)
2003年4月  弁護士法人芦屋西宮市民法律事務所に入所(至現在)
2004年4月  近畿大学法科大学院非常勤助手
          その後、非常勤講師,准教授を経て
          2016年4月から教授(至現在)
2014年4月  兵庫県弁護士会阪神支部支部長(2015年3月まで)
主な公職・所属団体等
神戸家庭裁判所家事調停委員
全国倒産処理弁護士ネットワーク
日本労働弁護団
日弁連交通事故相談センター相談担当員
ひまわり中小企業センター相談担当員
主な著作
  • 『医療訴訟判例データファイル』(共著・新日本法規,2010年)
  • 「刑訴法39条の『書類若しくは物の授受』について」近畿大学法科大学院論集第10号(2014年)
  • 「責任能力と訴訟能力に疑いある場合の公判手続」近畿大学法科大学院論集第13号(2017年)
主な取扱分野
●刑事事件
 被疑者弁護(警察や検察が捜査をしている,裁判になっていない段階)
 公判弁護(起訴されて裁判になってしまった後の段階)
●民事事件全般
●交通事故
 被害者側(加害者や保険会社との交渉等)
 加害者側(被害者や保険会社との交渉等)
●相続問題
 遺言(作成,保管,執行)
 遺産分割(相続人間での話し合い)
●負債関係
ひとこと
結果だけではなく良いプロセスをご提供できるように,たとえば,ご相談やご依頼をいただいた方に内容や過程をわかりやすくお話しすることを,心がけています。
ページの先頭へジャンプ
足立 友季世
Yukiyo Adachi
略歴
2002年3月  京都大学法学部卒業
2006年3月  神戸大学法科大学院卒業
2007年12月 司法修習終了(新第60期)  弁護士登録
2008年1月  弁護士法人芦屋西宮市民法律事務所にアソシエイト弁護士として入所
所属団体等
日弁連交通事故相談センター相談担当員
人権擁護委員会
主な著書
・「Q&A 旅行トラブル110番」(共著・民事法研究会,2010年)
主な取扱分野
一般民事事件(貸金返還請求,交通事故他),家事事件(離婚,相続他)など
ひとこと
個人の権利意識の高まりから,弁護士に相談することに対する垣根は低くなったと一般的には言われています。しかし,実際に弁護士の仕事をしていて目の当たりにするのは,法律や制度を知らないために思い悩んだり,間違った情報に翻弄されている方がまだまだ多いという現実です。
紛争に悩む方々が一人でも多く,また一刻も早く相談できる環境を整えるために弁護士として何ができるかを考えながら,経済学者マーシャルの言葉にあるように,Cool Head (冷静な頭脳)& Warm Heart(暖かな心情)を持って職務に取り組んでいきたいと思います。
ページの先頭へジャンプ
林 寛子
Hiroko Hayashi
略歴
2000年3月  関西学院大学総合政策学部卒業
2006年4月  関西学院大学法科大学院入学
2009年3月  関西学院大学法科大学院卒業
2010年12月 司法修習終了(新第63期)  弁護士登録
2011年1月  弁護士法人芦屋西宮市民法律事務所入所(アソシエイト弁護士)
2011年9月  関西学院大学総合政策学部非常勤講師
所属団体等
所属団体等
消費者保護委員会
人権擁護委員会
西日本難民弁護団
主な取扱分野
一般民事(損害賠償請求事件等)
家事事件(離婚等
ひとこと
法律は日常生活に広く深く関わっています。しかし,通常は日常生活を送る上で法律を意識することはあまりないと思います。法律上の紛争が顕在化した時に初めて法律を意識し,一人思い悩むこととなってしまうのではないでしょうか。その時にためらう事なく法律家に気軽に気楽に法律相談をして頂ければ,一人で悩み不安に苛まれずに済むはずです。
相談者,依頼者の方が気軽に気楽に相談できる環境を提供し,一緒に紛争を解決できるよう事件に取り組んでおります。
ページの先頭へジャンプ
宮地 重充
Shigemitsu Miyaji
略歴
2001年3月  関西学院大学法学部卒業
2009年4月  関西学院大学法科大学院入学
2011年3月  関西学院大学法科大学院卒業
2012年12月 司法修習終了(新第65期)  弁護士登録
          弁護士法人芦屋西宮市民法律事務所に勤務弁護士として入所
所属団体等
刑事弁護委員会
人権擁護委員会
ひとこと
「悩み」は,ひとりで考えていると心身ともに疲弊してしまいます。私も自分自身の「悩み」だと過大に考えてしまったり,見栄を張ったりと,まともな解決をすることができません。
しかし,信頼できる他人に話してみれば,実は大した「悩み」でないこと,早く話しておけば対処できる「悩み」であることが多いです。
 私は,そんな自分にとっての深刻な「悩み」をお話してもらえる信頼できる他人になることを目指しています。
ページの先頭へジャンプ
二野 ももこ
Momoko Nino
略歴
2009年3月  同志社大学経済学部卒業
2011年3月  同志社大学法科大学院卒業
2012年12月 司法修習終了(新第65期) 弁護士登録
          兵庫県弁護士会(尼崎支部)入会
2014年1月  弁護士法人芦屋西宮市民法律事務所に勤務弁護士として入所
所属団体等
全国倒産処理弁護士ネットワーク
ひとこと
法律相談に携わっていると、問題を抱え、長い間悩み苦しみ、途方に暮れてようやく弁護士に相談に来たという方に多く出会います。弁護士に相談してみると、大きな思い違いをしていたことに気付いたり、解決策があり深刻な問題ではなかったと分かることもあります。まずは気軽に相談に来ていただければと思います。弁護士に相談することにより問題解決への光が見え、少しでも気持ちが楽になっていただければ幸いです。
ページの先頭へジャンプ
大田 健司
Kenji Oota
略歴
1997年3月   早稲田大学商学部卒業
1997年4月   民間企業等において勤務
〜2009年3月 
2012年3月   関西学院大学司法研究科卒業
2016年12月  司法修習終了(69期) 弁護士登録
           弁護士法人芦屋西宮市民法律事務所入所
所属団体等
人権擁護委員会
子どもの権利委員会
消費者保護委員会
法科大学院委員会
法教育委員会
ひとこと
私は,大学卒業後10年以上,社会人として働いてきました。日々の仕事の中で,法律を必要とする問題にも多く直面してきましたが,法律知識のない当時の私では何も解決できず,歯がゆい思いをしてきました。そのうち,同じような思い,悩みを持つ人たちの手助けがしたいという思いが強くなり,弁護士になりました。
悩みを持ち相談に来られた方に対しては,法的知識だけでなく,社会人経験を通して培った交渉能力や業務遂行能力を活かして,全力で問題解決に取り組んでいきたいと思っています。
ページの先頭へジャンプ